ホーム > お知らせ > 2017年度新刊書のご案内

2017年度新刊書のご案内

2017年12月31日更新

『カルヴァンの終末論』、リフォームドパンフレット10『オランダ改革派神学を旅する』、『神戸改革派神学校史』、『改革派神学 第43号』、リフォームド・パンフレット11『宗教改革の今日的意義』を発行しました。

カルヴァン『カルヴァンの終末論』

著者:吉田 隆  販売価格2,800円

いかにしてカルヴィンの終末論は、青年期の「上昇的終末論」から、円熟期の「キリストの王国」実現という広大な幻へと展開していったのか?

主著『キリスト教綱要』のみならず、カテキズム・聖書注解・神学論文などを渉猟しながら歴史的・文脈的に考察した画期的な書。

 

 

 

オランダリフォームドパンフレット10
『オランダ改革派神学を旅する』

著者:石原知弘  販売価格800円

【講師からの言葉】
今回の夏期信徒講座ではオランダ改革派神学の歴史について、いくつかの重要な出来事をたどりながら、その全体像をお話させていただきたいと思います。ヨーロッパの小国の堅実かつスケールの大きな神学をご一緒に学んでみましょう。オランダ留学中には教室で学んだことを確かめるように各地を巡り歩くことができました。そうした旅の中で発見したことなども交えて分かりやすくお話できればと思っています。
(夏期信徒講座案内より)

 

『神戸改革派神学校史』

神戸改革派神学校編  販売価格 2,000円

神戸改革派神学校は、この年、創立70周年を迎えました。
これを機に、神学校創立から50周年までの歩みをまとめ、このように出版ができます幸いを感謝したいと思います。
これは本校にとって初めての本格的な通史となります。
(まえがきより)

 

 

 

『改革派神学 第43号』

著者 吉田隆(翻訳)、ステファン・ファン・デアヴァット、岩崎謙、木下裕也、吉岡契典、袴田康裕
販売価格 1,500円

開校70周年記念号です。ステファン先生の教授就任記念講演が収  録されており、神学校における今後の「牧会」教育の方向性が示されています。他にも興味深い論文が満載です。

 

 

 

リフォームド・パンフレットⅪ
『宗教改革の今日的意義』

著者 正木牧人、吉田隆、袴田康裕、坂井純人、鎌野直人
販売価格 800円

宗教改革500年を記念して、関西の4つの神学校の代表者による講演会を7月に開催しました。これはその講演集です。ルター、カルヴァン、ウェストミンスター、長老主義、ウェスレーの今日的意義が興味深く語られています。

 

 

 

ご購入はこちらから